株式会社サバイバーエージェントを設立しました

株式会社サバイバーエージェントは、愉快なモノゴトを提供し世の中を明るくより良く楽しくすることに貢献します。

まずは無人島サバイバル検定という遊びを提供することから始めます。無人島サバイバル検定は、無人島という過酷な環境下でも生きていけるスキルを習得するという遊びです。火おこしや野営のスキルは災害時の備えとなり、なにより日常を生きる自信となります。
風や夜空や太陽の位置、潮の満ち引き。水と栄養源の確保など。自然をロジカルに読み解きながらの活動は、生物として強くなる感覚があります。

株式会社サバイバーエージェントは、無人島サバイバル検定の義務教育化を段階的に目指します。
日本に住む全員が基礎的なサバイバルスキルを有しているという状況はなかなか愉快で心強いです。子ども達に興味を持ってもらうためには、まず大人達がおおいに遊ぶといいです。トライアンドエラーを繰り返しながら体で覚えた技術は一生ものです。身につけた技術を帰って子ども達に伝える。尊敬できる楽しい大人が身近にいる子ども時代はしあわせだと思います。
そうしてゆるやかに日本に生きるすべての人に基礎的なサバイバル技術が備わるようにしていきたい。わたしが生きている間に制度とするのは難しいかもしれませんが、はじまりの歯車のひとつになれたら幸せだなと思っています。

世の中を明るくより良く楽しくしたい。現代社会をサバイバルしているわたしたちが、生命力に満ちた楽しい時間をたくさん過ごせますように。

株式会社サバイバーエージェント代表 山津智史 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。